+TOPICS
book_sn.jpg
Parabolic Garden展を中心に
まとめた作品集ができました
お問い合わせは
アートコートギャラリーまで

+開催中

+開催予定

+GOODS
Scenes of
Natural Powered Vehicle

ポストカード大の版画です。
5枚一組
Life-NPVのいる風景
お求めは
アートコートギャラリーまでどうぞ

KOKUFUMOBIL展カタログ
お問合せ→アートコートギャラリー

+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+CONTACT
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
春のうた
RIMG0273.jpg
僕らはゆっくりと
風の冷たさの中に春の日差しの光の粒子を探すように
ほんとうにゆっくりと歩いた
どこかに置き去りにされた荷物の重さなんて
考える必要がなかった
少なくとも僕には
それまでのすべては その一瞬間のためだけに存在した
と 思い込むことさえできれば それだけでよかった

| - | 10:20 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | - |
先日は長い間見せていただき、ありがとうございました。

植物を見守るところや毎日少しずつお水をあげないといけないところ、光が当たるところと当たらないところの違い、なんといえばいいかわかりませんが、すごく好きでした。

私が土を好きな理由と似ている気がします。
毎日土の様子をみないといけなかったり、でも過剰に保護しすぎるとだめで、毎日毎日 土の様子をみる。
私はそういうところがすごく好きで、植物にも似た感情を抱きました。

| 奥野 | 2011/04/04 1:05 AM |
先日はいろいろお話して、いろいろ考えることができてよかったです。
植物は、たぶん土も、そこに向き合った自分がどうふるまうかによって、少しずつ変わっていきます。
もちろん、何もしない。ということによっても変化します。
その相手には言葉がつうじないので、自分のおこないがほんとうにその相手のためになっているのか、自問自答することになります。
それは、かならずしも言葉のつうじない相手に限ったことでもないのかもしれません。
生きているかぎり、その自問自答は繰り返されなくてはいけないのか、そうではない生き方があるのか、そんなことを考えるのが今の僕の課題です。
| kokufumobil | 2011/04/04 7:45 AM |